うまよし

先端技術

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて受動喫煙・アルコールを毎晩飲む事・隠れ肥満等の生活習慣の変化、ストレス等によって、こと日本人に多く発病している疾患の一つです。
「とにかく時間がない」「気を遣うお付き合いが嫌い」「先端技術や情報の進歩になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積される主因は一人一人異なります。
AEDとは医療資格を保持しない人にも扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に沿ってケアすることで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効き目を実現します。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や脳梗塞等々いろいろなトラブルを誘引する可能性があるといわれています。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報を損壊するなど、肌にとって悪い影響を与えています。
チェルノブイリ原発の爆発事故の後追い調査のデータでは、成人に比べて未成年のほうが風に流されてきた放射能の悪影響をより受容しやすくなっていることが見て取れます。
子供の耳管の仕組みは、大人に比べると幅があり短くなっており、しかも水平に近いため、バイキンが入り込みやすくなっているのです。小さな子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、これが関係しています。
スギ花粉症などの症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、そのせいで睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの仕事に悪い影響を与えることも考えられます。
演奏会やライブなどの場内やダンスするための広場などに据えられているすごく大きなスピーカーの真正面で大きな音を聞き続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。
男性だけにある前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が密接に関係していますが、前立腺にできてしまったがんも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)によって大きく成長します。
欧米においては、新しい薬の特許が満了してから30日後、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に取って代わるような薬もある位、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界に浸透しているという現実があります。
「肝機能の衰退」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等の数値によって診れますが、ここ2、3年肝臓の機能が落ちている人々が明らかに増加傾向にあると報じられています。
バランスの取れた食生活や適度な運動は当然ですが、ヘルスアップやビューティーのために、食事以外に様々な成分のサプリメントを採用する事がまったくおかしくなくなっているそうです。
お薬やアルコール、色々な食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解し、無毒化する働きのことを解毒と称し、肝臓の果たしている最も重要な職務のひとつなのです。
開放骨折して大量出血した状態では、血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、意識喪失などの不快な脳貧血が出るケースもあります。

しょう • 2017年7月5日


Previous Post

Next Post